ファミリー整骨院 のお役立ちコラムです

夏の冷え症とその対策

〈不定期投稿です〉

皆さん、こんにちわ!
ファミ骨、院長の岩瀬です。

ファミ骨の患者さまは女性の方が多いのですが
意外にも‟夏の冷え性”で困っている方が多くいらっしゃいます。
「夏の冷え性」…
この原因として挙げられる大きなものに“冷房”が挙げられます。
通勤中の電車や勤務先のオフィスなど、冷房がガンガン効いた場所に
長時間いることで身体は芯から冷えてしまいます。
さらに、冷たい食事や飲み物など、夏は一日を通して冷たい物をとる機会が増えますので
食事にも冷える原因が沢山あります。

「冷え」とは…

手足やお腹・腰など、身体が“冷たい”・“寒い”と感じることを言います。
冷房の効いた部屋に長時間いると身体は体温を維持しようとするため
血管が収縮します。そのため、血液の循環が悪くなってしまい、
身体の末端である手・足から冷えていきます。
また、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいと身体はうまく対応しきれず、
自律神経が乱れ、同様に血液循環が悪くなり手足から冷えていきます。
さらに、氷入りのドリンクなどをの冷たい物をとった場合、内臓が一気に冷えてしまい、
お腹を下しやすくなります。(夏にお腹の調子が悪くなる人が多いのはこのためです。)
その他にも、ストレス・運動不足など、現代の生活では冷える原因がたくさんありますが、
血液の循環が悪くなれば身体は硬くこわばって…体調不良を招くこととなります。

◆冷え性 チェック◆
☐直接お腹を触ると冷たく感じる。
☐よく顔がほてったり、のぼせたりする。
☐胃腸が弱い。
☐冷たい物をよく飲む。
☐平熱が35度台である。
☐肩こりがある。
上記の中で一つでも思い当たるものがあれば‟隠れ冷え性”の可能性があります!

 

★冷え性 予防のポイント★
①夏でも湯船につかる。(足や手の指を動かしながら入ると血行促進に効果的。)
②足・腰を保温する。(部屋の中ではブランケットを使う。ゆったり半身浴もお勧めです。)
③こまめに身体を動かす。(血行が良くなり、手・足の体温低下を予防できます。)
④洋服は締め付けの少ない物を。(暑くても外出の際は羽織るものを忘れずに!)
⑤冷たい食事・飲み物はほどほどに。(取り過ぎは体温を下げますので注意してください。)

「手足が冷たくないから私は冷え性じゃない」と思っていたら大間違い!
お腹に手を当てて身体の他の場所よりも冷たく感じたらそれは隠れ冷え性の証拠です。
手足が冷えてなくてもお腹が冷えてしまっているのです。
隠れ冷え性の方などは自覚がないので冷え性対策がおろそかになり、内臓機能の低下による
胃腸炎や膀胱炎などの婦人科系疾患の原因になります。
そのまま放置しておくのはとても危険ですので、お腹を温めたり足浴やマッサージをしたりして
血行改善に心がけてください。

それでは皆さん、
季節がらお身体ご自愛くださいねっ(^^♪

 

SNSでフォローする